座長・演者の皆様へ

  • HOME »
  • 座長・演者の皆様へ

座長・評価委員・演者の皆様へ

1. 座長の皆様へ

1)当日は、総合受付で参加申し込み後、会場入口受付までお越しください。
2)担当セッションの開始15分前までに、会場内の「次座長席」にご着席下さい。
3)担当セッションの進行は座長にご一任いたしますが、終了時間は厳守してください

2. ベストプレゼン賞評価委員の皆様へ

1)審査用の資料は、担当セッション会場入口受付にてお渡ししますので、当日は、総合受付で参加申し込み後、担当セッション会場までお越しください。

3. 演者の皆様へ

1)当日は、総合受付で参加申し込み後、会場入口受付までお越しください。
2)発表時間
①一般演題:発表時間8分、質疑応答2分(計10分)です。
②発表終了の1分前に1回、終了時に2回、質疑応答終了時に1回、予鈴でお知らせします。
3)発表方法
①発表機材はPCプレゼンテーション(1面映写)のみとし、以下のように対応します。データ作成の詳細に関しては、『4)データの作成』をご参照ください。
②画像枚数に制限はありませんが、発表時間内に終了するようにご配慮ください。
③発表は、ご自身でパソコンを操作して行っていただきます。
④次演者席を設けますので、前演者が登壇されましたら『次演者席』にお着きください。
4)データの作成
①会場で使用するパソコンはWindows10のみです。
②発表データは、USBメモリーに保存してご持参いただくか、パソコンのままお持ちください。
※一般演題の発表データは、USBでのみの受付です。ご注意ください。
③会場のパソコンは、アプリケーションとしてWindows版PowerPoint2016が使用できます。
④フォントはOSに標準装備されているもの(MS・MSPゴシック、MS・MSP明朝、TimesNewRoman、Century、Arial)をご使用ください。
⑤音声は利用できません。
⑥Macintosh版PowerPointや動画(PowerPointのアニメーション機能を除く)は使用できません。
5)発表データの持ち込み
①一般演題の発表データは、USBメモリーに保存してご持参ください。
②受付時間 8:30~
③発表データの受付は、6号館(B会場)と3号館1F(C~F、K~L会場)に発表データ受付を設置しますので、発表30分前までに済ませてください。
※発表データは、パソコンに一時コピーさせて頂きますが、終了後に事務局にて責任をもって消去いたします。
※必ずバックアップのデータをお持ちください。
④発表会場へはトラブル回避のため、セッション開始10分前までにお越しください。
6)利益相反(COI)
自己申告の指針(下記)に基づき、利益相反に関するスライドを発表の1または2枚目に示して下さい。

◆利益相反【有】の場合
「本研究は、●●会社より、研究費の一部、助成を受けて行われたものである。」

◆利益相反【無】の場合
「開示すべき利益相反関係は無し」

「利益相反(COI)に関する指針」
対象者
筆頭発表者および研究責任者
(本人ならびに配偶者、一親等の親族、収入・財産を共有する者)
開示の範囲
発表内容に関連する事項
開示すべき項目
①企業または営利を目的とした団体の社員、役員、顧問職については、1つの企業または団体からの報酬額が年間100万円以上。
②株の所有については、1つの企業についての1年間の株による利益(配当、売却益の総和)が100万円以上、あるいは当該企業の全株式の5%以上。
③企業または営利を目的とした団体からの特許権使用料が年間100万円以上。
④企業または営利を目的とした団体から、会議の出席(講演・座長)等に対し、研究者を拘束した時間・労力に対して支払われた日当(講演料など)については、1つの企業または団体からの年間合計が50 万円以上。
⑤企業または営利を目的とした団体がパンフレットなどの執筆に対して支払った原稿料については、1つの企業または団体からの年間の原稿料が合計50万円以上。
⑥企業または営利を目的とした団体が提供する研究費または奨学寄付金(指定寄付金)については、1つの企業・団体から支払われた総額が年間100万円以上。
⑦訴訟等に際して企業や営利を目的とした団体から支払われる顧問料及び謝礼については、1つの企業・団体から支払われた総額が年間10万円以上。
⑧企業や営利を目的とした団体から寄付講座の提供を受け入れている場合、あるいは申告者の給与が寄付講座または企業等からの外部資金によってまかなわれている場合に記載する。
⑨企業や営利を目的とした団体から研究員・非常勤講師・客員教員・社会人大学院生等を受け入れている場合に記載する。
⑩その他の報酬(研究とは直接無関係な旅行、贈答品など)については、1つの企業または団体から受けた報酬が年間5万円以上。
発表時の開示について
①発表スライド1または2枚目に入れて下さい。
②該当する開示事項がまったくない場合は、「開示すべき利益相反関係は無し」としてください。
③教育講演等で包括的なレビューを行う場合は、関連しそうな事項すべてを記載して下さい。

PAGETOP