当会について

会長挨拶

三重県病院薬剤師会 会長 谷村 学
(伊勢赤十字病院 薬剤部長)

三重県病院薬剤師会 会長 奥田 真弘三重県病院薬剤師会のホームページをご覧いただきありがとうございます。
令和2年度より三重県病院薬剤師会会長に就任いたしました谷村でございます。 三重県病院薬剤師会には、三重県内の病院・診療所・介護保険施設等の医療機関に勤務する600名の薬剤師が所属しており、知識・技能の向上や、地域や医療機関における薬剤師業務の充実により、県民の健康促進に努めています。

多くの方々は、病院薬剤師の業務として「薬を作って渡す人」という調剤業務を一番に思いつくようですが、近年では各薬剤師が専門性を持ち、患者さんの状態や使用薬剤を把握するとともに、医師、看護師や他のメディカルスタッフとコミュニケーションをとることで、個々の患者さんに最適な薬剤を選択し適切な投与量を提言する業務も行っています。日本病院薬剤師会をはじめいくつかの学会等ではこのような専門性を持つ薬剤師の認定を行っており、薬物療法、がん、感染制御、精神科、HIV、妊婦・授乳婦、栄養サポート(NST)、医薬品情報、腎臓病薬物療法など様々な領域の認定制度があり、三重県病院薬剤師会も各認定薬剤師を育てるため専門部会を立ち上げ認定取得の支援をしています。

また、地域包括ケアシステム構築の観点から、病院と保険薬局が一体となった薬剤の管理が期待されています。病院薬剤師は入院前から服用薬剤の情報を得ることで安全に入院治療を継続し、退院後も保険薬局の薬剤師に情報提供を行うことで、切れ目のない薬剤の管理を必要とされています。病院薬剤師と開局薬剤師のさらなる連携を考え、三重県病院薬剤師会と三重県薬剤師会の協働が重要であると考えます。

当会の目的は、日本病院薬剤師会との連携のもと、医療機関に所属する薬剤師の倫理感及び学術水準を高め、質の高い薬物療法の確保を図ることにより、県民医療の安心と安全に貢献することです。三重県病院薬剤師会は、県民の皆様からのご期待に応えるよう、これからも努力して参ります。病院薬剤師の役割に関する疑問や薬剤師の業務に興味をお持ちの方は遠慮なく本会までお尋ねください。